面白いだけじゃない「It’s funny~」

私達のイメージする「It’s funny.」は、「それは面白いね」、「それはおかしいね」、「それはこっけいだね」みたいな感じだと思うのですが、ネイティブは、その出来事が、普通でない時偶然と感じた時に「なんか不思議な気分」という感じでも使います。

例えば

よくある偶然で、連絡しようと思っていた友人から電話が来たときなんかに使えます。

It’s funny you should call.    あなたが電話してきたなんて不思議だわ。

I was just about to call you.   あなたにちょうど電話するところだったのよ。

こういう偶然たまにありますよね!!

こういうとき

It’s funny.  だけでもいいですが、何が不思議なのかを付け足さないと違うニュアンスにとられるかもしれません。

「funny」は、奇妙とか、こっけい、とか言われてうれしくないニュアンスもあるので、

What’s so funny?   何がそんなにおかしいの?(怒)

って怒られちゃうかもしれません。

ですので、「不思議フレーズ」を使いたければ

It’s funny you should say that.   あなたがそういうなんて不思議だわ。

みたいに使ったほうが無難です。

ちなみに口語では「that」は省略することが多いです。

機会があれは友人に使ってみましょう。

優良教材をお探しの方へ 有名16教材から3つだけ厳選しました

英会話をしたいなら

コストパフォーマンス最高で返金保証付きの初心者用優良教材
Hapa英会話

英語が聞き取れるようになりたいなら

中級者以上の方で根性のある方に選んでいただきたい一品
1000時間ヒアリングマラソン公式サイト

発音を直したいなら

口の中の動きををCGで確認できる発音矯正の頂点に立つ教材
ネイティブスピーク