原級


donguri_seikurabe

今回は「原級」について覚えます。

原級は、「~と同じくらい~です。」という表現です。

例えば

He is as tall as you.   彼はあなたと同じくらい背が高い

Today is as cold as yesterday.   今日は昨日と同じぐらい寒い

基本型は

A + as(so)+ 原級(同じぐらいのもの) + as + B.

※原級は形容詞や副詞が多いですが、文章なども入ります。

※原級は比較級や最上級のように変化しません。

になります。

この基本形は2つの文がくっついたものです。

「He is as tall as you.」を例にして考えてみると・・・

[文-1]He is tall.

[文-2]You are tall.

He is as tall as you are tall. となり、(are tall)はダブっているので?(たぶん)省略されます。

He is as tall as you.

ちなみに、最後の「you」は主格です。

ここには主格が入ります。

理由はありますが、私も良く分かっていないので、「そういうものだ」と覚えちゃってください。

また基本型にも書いていますが、最初の「as」は「so」でも同じ意味になるのであわせて覚えてしまってください。

He is so tall as you.   彼はあなたと同じくらい背が高い。

そして、原級を否定文にすると・・・

Kimi is not as tall as her dad.   キミはお父さんほど背が高くない

A + not as+ 原級(同じぐらいのもの) + as + B.

「~ほど~でない」と言う意味になります。

意味が変わってきますので気をつけてください。

以上で原級は終わりですが、気をつけなければならない特例が存在します。

「as~as」という型になっていても「~と同じくらい~です。」とならない慣用句もある!!

きりがないのでここでは上げませんが(探すのが面倒・・)、自分で探してみてください。

as ~ as ever「いつものように」

as ~ as can be「最高に」

as~as possible「出来るだけ」

as~as any「どんな~にも劣らず」

優良教材をお探しの方へ 有名16教材から3つだけ厳選しました

英会話をしたいなら

コストパフォーマンス最高で返金保証付きの初心者用優良教材
Hapa英会話

英語が聞き取れるようになりたいなら

中級者以上の方で根性のある方に選んでいただきたい一品
1000時間ヒアリングマラソン公式サイト

発音を直したいなら

口の中の動きををCGで確認できる発音矯正の頂点に立つ教材
ネイティブスピーク